iLEAP Social Innovation Forum Japan from iLEAP on Vimeo.

このプログラムは、日本のソーシャルリーダーの支援、市民社会の活性化、そしてアメリカと日本の間のグローバルパートナーシップ構築を深めるために、3.11の東日本大震災を機に創設され、2011年から2013年にわたって計4回行われました。すでに組織を率いて活動しているリーダー、または若手社会起業家を対象とし、内容はグローバルパートナーシップやコミュニケーションなどのテクニカルな学びだけでなく、これまでの活動の振り返りや今後のビジョンの構成、そして参加者間の学びの共有なども含み、日本だけでなく世界と繋がるソーシャルアクションを起こすためのグローバルリーダーシップトレーニングプログラムを提供しています。
※現在は募集しておりませんのでご了承ください。
 

プログラム概要

プログラムの3つのポイント
1. 東北の復興支援に関わる日本のソーシャルリーダーの能力と、国際的リーダーシップの向上
2. 日本の市民社会機関やソーシャルビジネスとの相互的な支援の実践的なパートナーシップを構築し、学ぶためのアメリカに対するプラットフォームの構築
3. 東日本大震災後の復興からの日本の学びを共有するために、アジア太平洋地域の市民社会の間で新しいグローバルコラボレーションを引き起こし育むこと。
 

プログラム構成

SIFJは、4つのラーニングモードで構成されています。

1. 講座(参加型授業):リーダーシップやパートナーシップやコラボレーション、またリーダーとしてのセルフケアについて学びます。
2. 現場視察(サイトビジット):講座で学んだトピックに沿った活動をする社会的企業やNPO団体を訪問。
3. 公開イベント:プログラム中に行われる一般の人たちを招いたコミュニティイベントで、スピーカーとして参加します。
4. リフレクション:個々人の内省、振り返りの時間があるとともに、プロのアドバイザーやコーチと一対一での対話の時間も設けています。

過去の参加者

過去の参加者のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
卒業生団体の例

2013年5月に、軽井沢にてSIFJ Gathering、東京のImpact Hub Tokyoにて公開イベントが行われました。
そのときの様子はこちら(軽井沢)と、こちら(東京)からご覧いただけます。

SIFJ-BOTTOM
SIFJ Group
SIFJ Graduates

お問い合わせ先

japan@ileap.org