TOMODACHI FIRST Japanese subtitles from iLEAP on Vimeo.

TOMODACHI 1st
FIRST in the Greenhouse
TOMODACHI FIRST

このプログラムは、日本、特に東北地方の食と農にイノベーションを創出するため活動しているリーダーを対象にした革新的な短期海外リーダーシップ研修プログラムです。東北地方で食の生産、加工、流通、消費、食と農のパートナーシップなどに関わる35歳以下の参加者を対象に、リーダーシップの育成、アメリカでの食と農のイノベーションの現場の視察、参加者間のまなびの共有とコミュニティー形成を通して、日本・東北地方のフードシステムにソーシャルイノベーションを広げることを目指しています。

 

TOMODACHIイニシアチブとは

TOMODACHI_R_WhiteFramed-12011年3月11日の東日本大震災の発生時の緊急人道救援活動「トモダチ作戦」をきっかけに、協力と友情の精神を基盤に米国と日本はTOMODACHIイニシアチブを開始しました。TOMODACHIイニシアチブは米国政府公益財団法人米日カウンシル-ジャパンが主導となり、日本政府および日米の企業、団体、個人から支援を受け、教育・文化交流、起業支援、指導者育成といったプログラムを通して日米の次世代リーダーに投資する官民パートナーシップを使命としている組織です。

今回のTOMODACHI FIRST Programは、TOMODACHIイニシアチブとのパートナーシップによって実現しました。

プログラム構成

TOMODACHI FIRSTは、4つのラーニングモードで構成されています。

1. 講座(参加型授業):食と農のイノベーションやリーダーシップについて学びます。
2. 現場視察(サイトビジット):講座で学んだトピックに沿った活動をする社会的企業やNPO団体を訪問。
3. 公開イベント:プログラム中に行われる一般の人たちを招いたコミュニティイベントで、スピーカーとして参加します。
4. リフレクション:個々人の内省、振り返りの時間があるとともに、プロのアドバイザーやコーチと一対一での対話の時間も設けています。

プログラム日程

日程:2017年5月1日(月)~5月13日(土) 日本帰国日5月14日(日)
場所:米国ワシントン州シアトル
期間:2週間
定員:10~12名

過去の参加者

過去の参加者全員のプロフィールはこちらからご覧いただけます。

プログラム中の写真はこちらからご覧ください。

奨学金の詳細

TOMODACHI FIRST Programでは、選考後、参加が決定した全員に奨学金を支給します。

奨学金に含まれるもの: 滞在費、現地交通費、現地視察代、コーディネーション費用、通訳、朝食と昼食、プログラムに関する資料など。

奨学金に含まれないもの: 日本からシアトルまでの往復航空券, 海外旅行保険、空港税、夕食費用、ESTA取得手数料、日本国内での交通費、その他の雑費。

選考基準

  • 35歳以下で日本国籍をお持ちの方
  • 東北地方に在住している方
  • 食に関する職業に従事している方
  • 食に関するイノベーティブなことに取り組んでいる方
  • 海外に日本の良さを広めたいと思っている方
  • 日常英会話程度のコミュニケーション能力を有する方

英語力について

基本的にセミナーや現場視察はすべて英語になりますが、プロの英日通訳に同時参加していただく予定です。ただし、参加者にも日本語と英語の両方を使ってコミュニケーションをとっていただきます。iLEAPではコミュニケーションは言語だけで行うものではないという信念のもと、日本語・英語だけでなく、非言語コミュニケーションも含めた関係性作りを行っています。

選考スケジュール

  • 12月20日  応募開始
  • Updated! 3月31日   応募締め切り (シアトル時間23時59分まで)

first-bottom
TOMODACHI FIRST
TOMODACHI FIRST Onsite

お問い合わせ先

japan@ileap.org