プロジェクト紹介シリーズ

本シリーズでは、TOMODACHI-Microsoft iLEAP Social Innovation and Leadership 2017夏プログラム(※1)参加者のプログラムを通じて得た学びとチェンジプロジェクト(※2)についてお伝えします。
第一弾は、自身が中学生の時、学校の悩みを親にも先生にも打ち明けられず辛い思いをした経験から、中高生の世界を広げるプロジェクト「Future Kitchen」を起ち上げた、小幡絵美梨さんです。

※1-18~25歳までの方を対象とし、日本、アメリカ、そして世界にポジティブな変化をもたらすことができる、日本の次世代社会起業家やコミュニティーリーダーを育てるためにデザインされたプログラムです。全国各地から選び抜かれた参加者たちが、米国ワシントン州シアトルと日本の両方で、体験型リーダーシップトレーニングを受け、日本社会に実際にイノベーションを起こしていきます。 2017年夏から開始した計約6か月間のプログラムで、3つのフェーズに分かれています。フェーズ1(2017年7月~8月)は日本での準備期間、フェーズ2(2017年8月)はシアトルでの3週間研修、フェーズ3(2017年9月~1月)は約5か月間の日本でのプロジェクト実行期間です。
※2ー日本社会をより良くするために、参加者が自分の夢や想いに従って行う社会改革プロジェクトです。

 

生きづらさを抱える中高生の世界を広げたい

小幡絵美梨(Obata Emiri)

法政大学経営学部3年生(2018年1月現在)


プロジェクト紹介

「Future Kitchen」は、生活の中心が学校と家庭に限定されがちな中高生を対象に、親や先生ではない第三の大人と繋ぐ場を提供することで、中高生が新しい考え方や価値観に触れて自身の世界を広げていくサポートをするプロジェクト。大人たちと一緒に料理をし、食事を取りながらゆったりと話ができるような安全で温かい場所を作ります。中高生の世界を広げ、自分は孤独ではないと感じられる社会作りを目指します。

 

プロジェクトを行って気づいた「自分の在り方」

 プロジェクトを進めていくうちに身についたもの、気づいたことは大きく二つあります。一つは「プレゼンテーション力の大切さ」。これまでもプレゼンテーションをする機会はありましたが、「調べた結果や活動の成果を発表する」ものが中心でした。しかし、今回は「こういう事をやりたいと思っているから、あなたに協力してほしい」というプレゼンテーション。やりたい事だけを語っても協力は得られない、「どう関わってほしいか、どのぐらい力を貸してほしいか」を伝えなければいけない、ということに苦労しました。その分、伝える力が向上したと感じています。

 二つ目は、「誰かとプロジェクトを進めていく力」。これまでは、ワンマンなところがあったのですが、チームを作って協働していくことで、私一人では進まなかったものが進むようになったということを実感しました。チームで進めていく力が育ってきたと思いますし、そのためには「自分の在り方」がすごく大事だということを感じています。

 今までは、いわゆる「強いリーダーではない、なよなよしているリーダー」であってもチームがあれば動くだろう、それでいいやと思っていたのですが、0(ゼロ)から立ち上げるプロジェクトの場合、それでは物事が動きません。自分がこのプロジェクトをどう位置付けているのかを伝え、周囲に伝えなければならないということ。やる気もあるし、プロジェクトに対して思い入れが強いということを伝えて、堂々としたリーダーでなければならないのだ、ということに気づきました。

 
「リーダーシップ」は自分の在り方次第

 これまでは、クラスやゼミのまとめ役など、「リーダーという役目を与えられる」ことが多かったです。だから、リーダーシップをとることなんて簡単にできると思っていました。でもそれは、周囲が私のことをリーダーだと認識している状態からスタートしているから出来たのであって、0から立ち上げる時には、チームがついてきてくれるかは自分の在り方次第。自分がリーダーになっていかなければならないので、実際にやってみると難しいなと思いました。

プロジェクトから得た成功体験

 一番大きな学びは、私自身が勇気と自信を持ってやりたいことを周囲に伝えられたらプロジェクトは動くということ。自分が所属するゼミで時間を貰って、プロジェクトについてプレゼンしたら、同じゼミの子が二名、ゼミのOBが一名、プロジェクトを手伝ってくれることになったのです。

 その時は、「開催する、ということは決めているから、手伝ってほしい。一人でどうしていいか分からないし、アイディアも出てこないからどうしようと困っている」ということを伝えたら、じゃあミーティングをしよう、誰にどんなことをしよう等、ゼミ生が声をあげてくれて、プロジェクトが前に進み始めました。「何故やるのか」という根本を問われることも多くて自分の想いを振り返る機会にもなりました。また、プロジェクトは一人でやるものなのではなく、「伝えて、みんなで作っていくもの」なのだなということを発見できました。

 これは私にとっての成功体験です。私がやれる事なんて、もう誰かがもうやってるのではないか、やっても意味が無いのではとネガティブに考えることもありましたが、声をあげて行動することで、既に私のプロジェクトと同じような活動をしている人たちから「自分たちがやっているのだから、手を出さないでくれ」という反応をされるのではなく、「一緒にやろう」という仲間が増えていくのだということが分かりました。
 

小幡さんとFuture Kitchenのメンバーの皆さん

 

実現させて気づいた「信頼関係の築き方」

 感謝の気持ちを言葉にするということ、約束を守るということ、こうした些細なコミュニケーションが信頼に繋がっていくのだということを気づきました。今までは「言わなくても伝わるだろう」とどこか思っていたところもありましたが、場所を無料で使わせてもらったり、色々な人から協力してもらったりした時に、やっぱり言葉にして表さないと伝わらないのだなということを感じています。挨拶をする、コミュニケーションをする、信頼を裏切るようなことはしない、こうした事の積み重ねが信頼に繋がって、「次も一緒にやろうよ」と声をかけてもらい、またプロジェクト自体もすごく上手く回るようになりました。自分自身も、感謝の気持ちを伝えられることで「この人とこれからも繋がっていけるんだ」ということを実感でき、モチベーションも上がっていきました。

プログラムを通して得たコミュニティでの支え

 プログラムの一環として二週間に一回、Microsoftの社員がアドバイザーとしてプロジェクトにアドバイスをしてくれるオンラインミーティングがあるのですが、それとは別にアドバイザーの方に個人的にお会いして相談をさせてもらっていました。相談したことで「色々考えずに、まずはやってみればいいや」と吹っ切ることができたり、定期的に相談の機会があることで「悩んでいる」ことを伝えたらすごく応援してくれたりしたので、第一回の開催に向けてすごく応援支援してもらったと感じています。二週間に一回のミーティングでは、プロジェクトが全然進んでいないのに色々な角度からアドバイスをしてくれたり、応援してくれたり沢山の時間を使ってくれていたのでそれが辛い、と感じることもありましたが、ミーティングの最後には、「私、出来るかもしれない」とポジティブな気持ちになれて頑張る気持ちが取り戻せたので、すごくありがたかったです。

 今回のプロジェクトのロゴやチラシは、Microsoftアドバイザーの方と繋がったからこそ創れたもので、これがあったおかげでFacebookのページを良いものにすることができました。元々持っていたゼミというコミュニティだけではなく、Microsoftアドバイザーの方の応援など色々な人に支えてもらっているのだということを二週間に一度感じることができ、本当に貴重な経験をさせてもらったと思っています。

 また、同じ時期にプログラムに参加した同期の仲間たちからも、大きく影響を受けました。第一回の開催に協力してくれた学生団体も、同期の仲間がメンバーだったご縁から繋がったのです。それ以外にも悩んでいた時期にずっとLINEで相談に乗ってくれていたり、夜遅くまで電話に付き合ってくれたり…。こうしたコミュニティでの支えもあって「ちゃんとプロジェクトをやり遂げよう」という気持ちを継続させていくことが出来ました。
 

Future KitchenのFacebookカバー写真

弱さを認める

 これまでは、例えば「就活をした方がいい」という声に流されてしまう自分に対して「そんなのじゃダメだ」とずっと叱咤してきていたんです。そういう自分が嫌だ、ということも思っていました。でも、いまは自分自身を客観視できるようになってきています。悩んでいるということを誰かに伝えられるようになったし、頑張ろうとしているけど頑張れていない自分がいる、誰かの意見に振り回される自分がいる、そんな自己矛盾する自分がいるということも認識できて自分を見つめなおすことが出来るようになってきました。

 弱い自分を認める、ということが出来るようになったのは、プロジェクトを実際にやり始めてからです。シアトルにいた時は全然できていませんでしたが、今では、自分の感情は自分で選べる、ということが分かりました。

 マイナス思考になっている時は早く寝てしまう、悩んでいる時は考えすぎないようにする、ネガティブな気持ちは体を動かすと消えるから家の掃除をするとか…まだ完璧に出来るわけではありませんが、これまでよりも確実に出来るようになっています。感情に流されていた時はすごく辛かったのですが、それが選べるようになってとても楽になったと感じました。
 

2017年12月、第1回目のイベントを開催!

 

第1回目のイベントの様子

 
 このプロジェクトは、「親や先生以外の第三の立場の大人と中高生が、ワークショップをやったり、一緒にご飯を作って食べたりする」という活動内容なのですが、第一回目は本格始動の前段階として、お絵かきワークショップのみで開催しました。藤沢市高倉の東勝寺で、月に二回子供達の居場所をつくっている学生団体MOP(My Own Place)(注1)にご協力をいただき、好奇心旺盛な子供達と行った「グラフィックを使って今日のMOPを描こう!」というワークショップは、私が思っていた以上の盛り上がりとなりました。子供達はすぐに興味を持ってくれて、マスキングテープで「ドッチボール」や「うた」など文字を書いたり、クレヨンでオセロ盤を書いてみたり。このワークショップの様子を絵で書いてくれる子もいました! 最後には、真っ白だった10メートルのロール紙が個性豊かな絵でいっぱいになりました。
 
注1)MOPのホームページ:http://myownplace.wpblog.jp/
 
プロジェクトを通して得た自信とこれから
 

参加者と一緒に絵を描く小幡さん

 
 第一回は本当に多くの人に助けてもらって開催することができました。小学生と触れ合うことに慣れている人たちが手伝ってくれたり、私の苦手なところを助けてもらえたりしたからこその成功だったと思います。次回は2018年2月にシェアハウスの共有リビングをお借りして開催する予定で、どのように中高生たちにアプローチして、参加してもらうか、ということを相談しているところです。次回は中高生向けの回になるので、違うアプローチが必要なため、今はその方法を考えています。

 第一回を通して、0から作ったのだ、という自信がつきましたし、何より「自己矛盾している自分と向き合う、弱い自分を認める」ということができるようになりました。これからのプロセスの中で今後も考え続けていくと思いますし、完璧じゃないからこそ、そのプロセスを楽しめるようになっていけたらいいなと思います。
 
小幡さんのプロジェクト“Future Kitchen”の詳細はこちらのリンクから。
https://www.facebook.com/futurekitchenproject/
 
 
2018年1月25日掲載